キッチンで突然の水トラブル!一体何が原因?!

毎日私たちが使用するキッチン。欠かさずお手入れしているつもりでも、知らず知らずのうちに痛んでいるかもしれません。表面的には綺麗でも、その内部は傷みが放置されていることがあるのです。メンテナンス不足の状態が続けば、やがて大きなトラブルにつながる原因にもなってしまいます。キッチンで使用されている設備のメカニズムについて詳しい人は少ないでしょう。こちらのページでは、水トラブルの原因チェックについてお手伝いさせていただきます。

こんなトラブルに悩んでいませんか?

水を頻繁に使用する台所は水道トラブルが発生しやすい場所でもあります。場合によっては冷蔵庫から漏水が発生することもありますが、中でも台所の蛇口・排水口・シンク下は水道トラブルが多発する箇所です。まずは、これら3つの場所に発生するトラブルの内容について簡単にご説明いたします。

蛇口のトラブル

蛇口のトラブル

キッチンの水栓、すなわち水道蛇口の最も多いトラブルとしては「水漏れ」が挙げられます。蛇口の先頭(吐水口)から水が漏れることもあれば、蛇口の根元から水漏れすることもあります。蛇口故障の原因によって漏水箇所に違いが出てきますので、まずはどこが原因で蛇口が故障しているか把握することが大切です。その水道蛇口が混合栓か否か、ハンドル式かレバー式かなどによっても構造が異なる点には注意です。マンションの高層階にお住まいの方は、増圧ポンプの不具合による水圧の低下も頭に入れておきましょう。

排水口によくあるトラブル

排水口によくあるトラブル

キッチンの排水口のトラブルとしては、「詰まり」と「悪臭」が挙げられます。排水口には、油や食べかすなどのゴミが流されていきます。それがやがてはゴミ詰まりを引き起こし、シンクの水が流れなくなったり、逆に封水が無くなることで悪臭が排水口より込み上げることもあります。逆流を起こしてしまうと、キッチンの床が水浸しになるほどの漏水を引き起こすことにもなります。

シンク下でよくあるトラブル

シンク下でよくあるトラブル

シンク下では、主に「水漏れ」「悪臭」が発生します。多くの場合シンクの下側は空洞になっており、キッチンの収納スペースになっています。それだけに配管に物がぶつかりやすく、配管を痛めることで水漏れに発展することがあるのです。特に集合住宅の場合、水漏れがキッチンで発生すると階下の方にまで被害が及ぶ危険もあるので注意が必要です。また、湿気がこもりやすい空間でもあるので、キッチンのゴムパッキンがカビて臭いを発することもあります。

原因を調べてみよう

トラブルには、必ず原因が存在します。そのためトラブルを解決するには、その原因を調査しなければいけません。徹底した原因究明を行えば、ご自分で解決することも可能な場合がありますが、蛇口や流し台の内部にはいくつかの部品が組み合わされています。一つ一つが欠かせない部品だけに、そのいずれかが壊れてしまうとトラブルが発生する確率が上がることになるのです。実際にどのような部品が使用されているのかご説明いたします。

蛇口の場合

蛇口の場合

キッチンの蛇口は、いくつかの細かい部品で成り立っています。シングルレバータイプや混合水栓などタイプは違っても、大まかな構造は同じです。蛇口の内部では給水管からの水の圧力がかかっていますが、それを押さえつけているのが「ケレップ(コマパッキン)」と呼ばれる部品です。もしもハンドルを閉めても水が止まらない場合、ケレップが傷んでいるおそれがあります。また、ハンドルの根元から水漏れが発生してい場合は、「三角パッキン」を新しいものに交換することで解決が見込めます。蛇口の寿命は、およそ10年と言われています。耐用年数を迎えた場合、蛇口そのものを交換するのも一つの手でしょう。

排水口の場合

排水口の場合

排水口の構造はシンプルになっており、上部には「フタ」が、その下にはゴミを受ける「バスケット」と、配管パイプからの悪臭や害虫の逆流を防ぐ「トラップ」が設けられています。バスケットが目詰まりすると上手く水が流れなくなりますし、破損した場合は大きなゴミが流されて配管の詰まりを引き起こすことになります。トラップが破損することは少ないですが、放置して汚れが溜まってしまうと、そのから雑菌やカビが発生して悪臭を引き起こすようになります。また、トラップに溜まっている封水が無くなってしまうと下水から悪臭や害虫が侵入してきます。水道の使用頻度が少なく、暑い時期などは特に注意しましょう。

シンク下の排水管の場合

シンク下の排水管の場合

シンク下には蛇腹式ホースやトラップ管などが通っています。前述のように収納した物がぶつかりやすい場所なので、水道パイプが破損したり、配管接続部が緩んでいることがあります。また、シンクから流れてきたゴミが詰まって水漏れを引き起こすこともあります。原因は配管にあることが多く、被害を広げないようにすぐに応急処置を施した方が良いでしょう。ピンホール漏水についても同様で、小さい穴とはいえ、放置すればあっという間に周囲が水浸しになってしまいます。どちらも素人の方が根本的な解決を行うことは難しいため、シンク下のDIYは控えるようにしましょう。

原因を知ることで、対処法も見えてきます!

原因を知ることで、対処法も見えてきます!

単純なゴミの詰まりから配管パイプの硬質部分のひび割れ、部品の劣化や破損など、水トラブルの原因も様々です。その原因を知ることで、DIYによる水道修理を行うことも可能です。実際に、キッチンやシンク下、さらには給湯器などをDIYで修理してしまう方もいらっしゃいます。中には、ねじ込み式管継手を利用して配管工事に臨まれる方も存在します。しかし間違った修理を行ってしまうと、かえって悪化を招くこともあります。例えば、水道修理の際は蛇口の元栓や止水栓のバルブを閉めることが一般的ですが、それを知らないまま修理を行うと、その場を水浸しにしてしまうのです。故障を迅速に直すことも大切ですが、普段から使い方に気を付け、時にはメンテナンスをしながら水道を使用するようにしましょう。

キッチン修理をDIYで行うことは決して不可能ではありません。しかしそのためには、徹底した原因の調査と、修理の知識・技術が要求されます。時には水道管に穴が開いてしまったり、内部に錆が蓄積するかもしれません。錆や腐食に耐性を持つ塩ビパイプも、破損した場合などは配管を交換しなければいけません。そうなりますと配管方法の知識が問われ、素人の方にはまず手出しができません。DIYが不可能だと感じましたら、水道業者の方に相談してみましょう。空気圧を利用した漏水チェックや、吸水シートでの応急処置など、困った時の力になります。原因不明のトラブルも、高度な技術が必要な施工も、安心してお任せすることができるのです。

  • 0120-923-426
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼