最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

トイレつまりの原因を知り正しく対処する

水のトラブルといえば、つまりや水漏れが代表的です。なかでもトイレは使用頻度が高くトラブルが起きやすい場所となります。今回は、トイレのつまりに焦点を当てて原因と対処法について考えてみたいと思います。
トイレは水のトラブルが起こりやすい場所とはいえ、頻繁に何かが起きるわけでもありまんので、いざというときに、自分で直せばいいのか、水道業者に修理を依頼するべきなのかの判断もつきにくいかと思います。

原因別に正しい対処法を知っていれば、いざというとき速やかにトイレのトラブルを解消できます。有事に備えて正しい知識を身に着けておきましょう。

考える人

トイレつまりによくみられる症状

トイレのつまりというトラブルには、いくつもの症状があります。
確実に対処していくにはまず症状を観察し、見極めることが大切です。まずは詳しく症状を見ていきましょう。

症状1 水の流れが悪い

水が流れないこともないが、少ししか流れない・ボコボコと音がするといった症状です。水は流れるのでなんとか生活はできるかもしれませんが、トイレを使用するたびに流れるかどうかヒヤヒヤするのもイヤですよね。音がするのは、何らかがつまっていて空気が逆流しているからかもしれません。

症状2 水が全く流れない

これではトイレが使えません。生活していくのにトイレが機能しなくては、健康にも害が及ぶ可能性があるので、早急に対処していかなくてはなりません。
具体的には、レバーを引いたときにタンクに水が溜まっている、あるいは前に使用してから時間が経っているはずなのに水が流れなかったりチョロチョロ流れるというものです。
そのまま使い続けると、トイレットペーパーなどつまり、症状が悪化することがあります。

症状3 便器に水があふれる

水を流した時に、便器内の水位が上がってきてしまう症状です。スーッと上がってまた下がるような水位の変化も、要注意の症状です。
最悪なのが、便器から外に汚水が流れてしまうこと。トイレのみならず、室内まで汚れてしまってはうんざりです。
トイレットペーパーや、オムツなど異物がつまってしまうことで、水の流れを止めてしまい逆流してくるのです。

どれもつまりによる症状ですが、流すときにトラブルが出てしまうので厄介ですね。

トイレつまりの原因を探るポイント

トイレのつまりを解消するために、原因を探っていきましょう。
つまりは異物が原因ですが、よくあるのがティッシュペーパーです。トイレットペーパーと似ているので使っても大丈夫と考えがちですが、ティッシュペーパーは溶けにくいです。
トイレに流すべき以外のものを使ったり、落としたりということに心当たりがあれば、原因がわかりやすいですね。
しかし、小さなお子様がいる家庭などはつまっているものの正体が分からないこともありますよね。そんな時は、いつからつまりの症状が現れたのが、急に悪くなったのか、徐々につまりがひどくなったかなどを思い出してみることが必要です。
それでも、何も記憶がないという場合は排水管に異常があることもあります。
何を流してしまったかによって、対処法が変わってくるのでまずはよく最近の出来事を思い返してみましょう。

トイレつまりの対処法

トイレのつまりには、原因によって対処法が変わっていきます。
そのため、原因を突き止めたらそれに見合った対処が大切です。
まずは、「紙類が原因」の場合です。原因を考えてみたときに、明らかに流したものが紙類の時は、スッポンを使って解決することがあります。薬品などでつまっている紙を溶かしてから使うのがおすすめです。
無駄な出費を抑えるためにも、できる対処をするのもいいでしょう。
しかし、問題は「紙以外のものを流してしまったことが原因」または「何も流していない」というケースです。
この場合は、スッポンでは解決しません。見えないところにある異物だからこそ、取り除くのは大変です。無理はせず、水のプロにお任せしましょう。
また、何も流していないのにつまっている場合は、水流の圧力不足や排水管の異常も考えられるので、こちらも水のプロに依頼するといいでしょう。

ご自身での対処が悪化を招くことも

トイレつまりの対処は、正しく原因を探る必要があります。
しかし原因もわからないまま、ご自身で対応してしまうと全く検討違いのことをしてしまって、意味がないこともあります。
それだけではなく、さらに症状を悪化してしまうかもしれません。
異物を取り除けば簡単に解決すると考えがちですが、紙以外のものに対してスッポンで対処してさらに奥に押し込んでしまうこともあり、トラブルを厄介にしてしまいます。
また、むやみに金具などを押し込んで取ろうとすると、便器自体を傷つけてしまうかもしれません。
簡単に解決できるトイレつまりを悪化させてしまうと、余計にコストがかかってしまうなど残念な結果に繋がりかねません。
そうならないためにも、まずは水のプロに相談してみることをおすすめします。

まとめ

トイレ
トイレつまりには、様々な原因がありました。
異物がつまることで起こるものは、その異物が何なのか、原因を探ることが大切です。
何が原因になっていることを知ることは、正しく対処するための第一歩といえます。
つまったものによっては、自分で解決できるものもあるので、トラブル発生時には冷静に対処しましょう。
しかし、紙以外の異物がつまっている場合や、異物が何もないのにつまりの症状が出ている場合は要注意です。
無理をすると、さらなるトラブルを生むこともあります。
トイレは生活するのに必須です。早急な対処が求められるので、ご不安なときは水のプロにみてもらうといいでしょう。

0120-932-621
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
スタッフ紹介
他社との比較
  • 0120-923-426
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼