最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

給水管を詰まらせる原因とは?

私達が使用する水は給水管によって運ばれ、そして使用された水は排水管によって下水に流されていきます。
詰まりと言いますと、多くの場合トイレや浴室の排水管などが詰まるというイメージが強いでしょう。実際に排水管は詰まりやすいですが、給水管も詰まることがありますので注意が必要です。
ここでは、給水管を詰まらせる原因をご紹介しています。しかし給水管の詰まりは素人の方が解消したり、詰まりを予防したりすることは難しいため、万が一の際には必ず水道修理のプロにご相談ください。

蛇口

給水管が詰まる原因

排水管を通す水は、私たちが流すものでもあるので原因が特定しやすいです。
それに比べて給水管はイメージしにくいと思います。
給水管は、内部がサビて劣化していることが原因のことが多いです。サビが発生することで、それが大きくなりコブのようになることがあります。
また、水に含まれるミネラル分が管内に蓄積してスケール(水垢)の層を形成し、流れを妨げるのも、給水管の詰まりの原因の1つです。
給水管は年月を経て確実に劣化していきますので、ご自宅の給水管も他人事ではありません。
水は生活において必須なので、水道修理を早期に実施するのがおすすめです。

詰まりのサインとは

給水管の詰まりが悪化する前に気づくことができたら、トラブルは最小限に抑えられます。そのために、サインに気づくことが大切になってきます。

サインその1・赤い水が出る

給水管内にサビが出ると、それらが水の中に溶け込んで、蛇口から赤い水が出てくる場合があります。
赤いといっても初めのうちは、色がなかなかわかりません。その場合は、サインがわかりやすい時間帯というのがあります。
朝一番の水道水は、夜中の間など長時間蛇口をひねらなければ、赤い色が確認しやすくなることもあるので、この時間帯にチェックしてみると、分かりやすいようです。

サインその2・水圧が低下する

給水管の中が詰まるに従って、管内を流れる水の量が少なくなるので、蛇口を開いても、水が少ししか出てこないことがあります。
ここまで来ると、水道管内にサビや汚れなどが大量に蓄積していることが考えられます。

水漏れに発展することも

詰まりが発生すると、困るのは水が詰まったり赤水が発生するだけではありません。
詰まりの原因のサビが、鉄管を劣化させ穴が空くこともあります。
また、給水管は常に高圧状態なので、破裂したりヒビが入ることが多いです。そのため、地中にある給水管は、知らず知らずのうちに水道料金が上がってしまうことがあります。
水道水漏れは修理しなくては治りませんが、手がとどく範囲にあるものでもないので、無理はせず水道修理のプロに任せることがおすすめです。

詰まりの解消は水道修理業者へ

水
給水管のトラブルの原因になっている箇所を特定するのは、困難なことがあります。
詰まりを放置すると、水漏れなど家計に響くさらなるトラブルに発展するので、詰まりのサインを見逃さず、早めに対処することで、より大きな被害が発生することを防ぐこともできます。
しかし、給水管の多くは手の届く場所に配置されていないことも多いので、自分での対処は難しいでしょう。
その点において、水道修理のプロは、迅速に対応してくれるので安心です。早めのご相談をおすすめします。

0120-932-621
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
スタッフ紹介
他社との比較
  • 0120-923-426
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼