最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

10年以上使っていたら交換を検討しましょう

蛇口の故障の中でとても多いのが、水漏れです。もし水漏れが起きた場合、まずは蛇口のどの部分から水が漏れているのか、原因を突き止めることが大切です。何故かというと、水漏れの箇所によって解決方法が違うからです。例えば、蛇口を締めているのに水が止まらないとき。この場合は、パッキンやカートリッジなどの部品が故障していることが考えられますから、該当箇所の部品を交換することになります。また、蛇口先端部分からの水漏があるときは、ハンドルの締まりが弱くなっていることが原因として考えられます。この場合はハンドル部分の修理や部品の交換をすることで不具合を解消する必要があります。蛇口の水漏れは複雑で、外観だけでは詳しい故障原因について分からないことが多く、ヒビなどは分解してみないと確認が難しいといわれています。知識や技術があるところに修理について問い合わせましょう。さらに、蛇口修理が必要になったとき、お使いの蛇口が設置後どのくらい経っているか確認してみましょう。設置後10年以上経っている蛇口については、部品交換だけでは直すことができないものもあります。設置から長期間経過しているようでしたら、蛇口交換についても検討してみることをおすすめします。

0120-932-621
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
スタッフ紹介
他社との比較
  • 0120-923-426
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼