最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

集合住宅での水道トラブル

「水は低きに流れる」という言葉があるように、水は重力に従って下へ下へと流れていきます。もしもあなたが一軒家にお住まいなら、それほど問題は無いでしょう。しかし、もしも集合住宅の高層階などにお住まいの場合はどうなるでしょうか。流れ出た水は下や横隣りのお部屋に浸入し、そのお部屋の家財やクロスなどを濡らしてしまうかもしれません。被害は、あなたのお家だけでは済まないのです。
もしもそのような事態に発展してしまった場合はどうなるのでしょうか。水漏れの発生箇所が共用部分であった場合は、被害者宅への損害賠償は管理組合の責任になります。賃貸マンションの場合は、貸主が対処することになります。しかし、発生個所が分譲マンションの専有部分に含まれている場合、そのお部屋の入居者が加害者として責任を負うことになります。この時「個人賠償責任保険」に加入していればその賠償額を賄ってくれますが、そうでなかった場合、多額の賠償金を請求されてしまう恐れがあります。また、この保険ではご自身の被害が補償されないことが多いので、併せて火災保険などにも加入しておきましょう。
水道トラブルが発生する前に、まずはご自身が加入されている保険について調べておきましょう。そして水道修理が必要になった場合、速やかにその解決に取り組みましょう。例え保険などが完備されていたとしても、水道トラブルは迅速に解決しなければ大きく被害が広まりますし、人間関係も悪化してしまう恐れがあるのですから。
 
水道修理・蛇口交換や水道水漏れについての詳しい解説は、こちらをチェック!

0120-932-621
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
スタッフ紹介
他社との比較
  • 0120-923-426
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼