最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

配管から水漏れしたときの応急処置

配管からの水漏れを見つけたとき、正しい対処をしないと、かえって被害が広がってしまい、更なるトラブルを招いてしまうこともあります。業者が来るまでの間に家庭でもできる簡単な応急処置をしておくことで、最小限に被害をとどめておくこともできます。ここでは配管からの水漏れに対する応急処置を紹介したいと思います。
まず、家庭で使われている配管には2種類あります。1つは使った水を外へと流す排水管、もう1つはこれから使う水を引き込む給水管です。それぞれ水漏れを起こす原因は、全く別のものです。
排水管が水漏れを起こす原因は主に異物のつまりや汚れの蓄積です。上から下へ水が流れるように勾配がつけられていますが、配管内に圧力がかかっているわけではないため、つまりや汚れが蓄積し、水漏れの原因になります。排水管は水を使わない限り水が流れることがないため、応急処置は特に必要なく、しいて言えば水を使わないことが応急処置になります。特にトイレやキッチンは悪臭や油分を含んだ汚水が漏れ出ることがあるため、使わないようにしましょう。
次に給水管です。俗に言う水道管にあたるもので、常に使用前のきれいな水が通っています。勢い良く水を出すため配管内部は常に高圧状態にあるため、破裂や破損が原因で大量に水が漏れることがあります。給水管からの水漏れの場合、常に水が出続けるため、一番の応急処置は止水栓を閉めることです。通常、配管の近くか水道メーターの近くに止水栓があるので、これを閉めることで水の供給を止めることができます。手の届かない場所からの水漏れであれば早急に止水栓を閉め業者の到着を待ちましょう。

0120-932-621
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
スタッフ紹介
他社との比較
  • 0120-923-426
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼