最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

設備の老朽化が原因の水漏れもあります

「水漏れ」は本サイトにもご相談が寄せられる中でも非常に多い水のトラブルの一つです。風呂場やシンクにポタポタ落ちる程度であれば水による被害というのはまだ少なくて済みますが、これが大量で床に漏れるようなことがあれば、床材などを痛めてしまう他、酷いと階下の天井、最悪の場合は階下の部屋の家具や電化製品まで水で痛めてしまう可能性があります。こうなると弁償しなければならないのはもちろん、ご近所との関係を悪くしてしまう原因にもなってしまいます。水漏れは意外と怖いトラブルなのです。ところで水漏れの原因は私たちばかりに非があるケースばかりではありません。蛇口や配管などに強い衝撃を与えてしまった、などの過失があれば別ですが、設備の老朽化による水漏れもあり得るからです。一般に設備の耐用年数は約15年程度と言われています。従って築15年以上経過している住宅などは今後水漏れの可能性が高くなってきます。集合住宅や賃貸マンションなどですと、定期的に修繕が行われることがありますが、壁の塗替えだけで終わってしまう修繕もあるので、見た目は綺麗になっても設備は古いまま、ということも往々にしてあります。ですからまず入居する際には設備の修繕歴も調べておくようにしましょう。あまりに古い場合は老朽化の可能性も疑ってみるべきです。

0120-932-621
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
スタッフ紹介
他社との比較
  • 0120-923-426
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼