最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

自動水栓のトラブルにも要注意

蛇口の中でも、最もシンプルなものが単水栓と呼ばれるものです。ハンドルをひねる事によって、水、もしくはお湯が出て来るだけのシンプルな蛇口です。そこから更に発展したのが、水とお湯を混ぜ合わせる2ハンドル混合水栓、レバーひとつで水量や温度を調整できるシングルレバー混合水栓などが代表的です。更に今では、より高度な自動水栓も人気を集めています。
自動水栓は、センサーで差し出された手を検知して自動的に水を出します。そのため水の出しっぱなしを防ぐ事ができますし、直にハンドルに触る必要が無いため衛生的というメリットもあります。しかしそんな自動水栓も以下のような不具合を訴える事があります。

・水が出ない
自動水栓の水が出ない原因はいくつか考えられます。例えば、センサーに汚れが付着し、人の手を検知できない事があります。他には、ストレーナーにゴミが詰まっていたり、電源ケーブルが抜けてしまっている事が考えられます。

・水が止まらない
逆に、水が止まらなくなる事があります。このような時もセンサーの不調が考えられますので、センサーをお掃除したり、電源プラグを抜いてつなぎ直すのがよろしいでしょう。

・勝手に水が流れる
この場合、別の赤外線センサーが影響していると思われます。他のセンサーを遠ざけ、正しく反応するのか試してみましょう。

自動水栓は便利で今後も普及が進んでいくと思われますが、単水栓などの従来型と比較して複雑な構造になっていますので、ご自身で修理するのは避けたほうがよろしいでしょう。蛇口交換、また、その後のメンテナンスに付いても当サイトまでご相談ください。

0120-932-621
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
スタッフ紹介
他社との比較
  • 0120-923-426
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼