最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

耐用年数も気にするようにしましょう

キッチン、洗面、トイレ、お風呂・・・日々の暮らしで「水」を使わないという日はないですね。しかしこれだけ毎日使うような設備であるのに、意外とメンテナンスはされずにきているのではないでしょうか。食べ物に賞味期限や消費期限というものがあるように、建物や設備にも限界の目安である「耐用年数」というものがあります。建物は構造形式によって違いはありますが、設備についてはおよそ15年が耐用年数と言われています。15年もすると、部品の劣化、接合部の摩耗などが起きやすくなります。特に冒頭に挙げた水回り設備においては、蛇口部分やタンク接合部などで「水漏れ」という現象が起きる可能性が高くなってきます。実際に水漏れのトラブルが起きる件数は非常に多く、本サイト「水110番」に寄せられるご依頼の多くがこの水漏れです。水漏れトラブルが怖いのが、留守中や就寝中にも起きてしまうということです。マンション暮らしの方も多いと思いますが、気付かないうちに水漏れを起こし、それが階下に伝わって、階下の住人の部屋を水浸しにしてしまうというケースも実際にあるのです。こうなってしまうと、部屋の賠償はもちろん、住人の方との関係の悪化など、降りかかってくる影響は甚大です。このようなことがないように、違和感を感じた時はすぐに、また特に問題はなさそうでも耐用年数が近づいてきたら、専門業者に点検してもらうようにしましょう。

0120-932-621
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
スタッフ紹介
他社との比較
  • 0120-923-426
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼