最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

水道管にも寿命があります

私達の家では、水道を捻れば水が出てきます。水道から出てくる水は基本的に、水道管を伝って蛇口まで運ばれてきます。そんな水道管にも寿命があるのはご存知でしょうか?水道管の寿命は平均すると15年~20年だと言われており、寿命を迎えている水道管は、中にサビが溜まっていたり、穴が空いて水漏れをしたりする。というような症状が現れる事があります。
なので、寿命を迎えた水道管は交換する事がオススメです。それと同じように、給水管や排水管にも寿命があります。給水管や排水管も具体的に寿命が定められているという訳ではありませんが、15年程で寿命を迎えるケースが多いようです。給水管の中にサビが溜まってしまうと、赤い水が出てくることあります。それに気づかずに洗濯などを行ってしまうと衣類に色が移ってしまう事もあるので、注意が必要です。排水管に寿命が来てしまった場合、排水管が腐食して穴が開いてしまうことで、家中が水浸しになるという可能性も考えられます。このような被害に遭わない為には、早めに交換する事が大切です。
なので、10年以上交換をしていないという場合は、一度交換が必要か水トラブルのプロの診断を受けてみてはいかがでしょうか?
家の配管事情を詳しく知ることが出来ますよ。
 
水道修理・蛇口交換や水道水漏れについての詳しい解説は、こちらをチェック

0120-932-621
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
スタッフ紹介
他社との比較
  • 0120-923-426
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼