最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

水道管が凍結したら自力での解決は難しいかも

寒い日が続いていますが、これからもっと寒くなることが予想されます。そろそろ水たまりや池などが凍る景色を見る時期が近づいているのでしょう。
さて、そんな冷たい時期には普段使っている水道管も凍ってしまうかもしれません。凍る条件は水道を使っていない時に外気温がマイナス4℃以下になった時や、その間に長期間外出して水道を使わないと水道管凍結が起きやすくなってしまいます。
凍結の予防には、寝る前に水道の栓を閉じて水を管から抜く方法があります。水道の栓が閉じた状態で家中の蛇口を開き、水道管から水をなくします。
しかし、もしこの予防を忘れてしまった時に水道管が凍結してしまったらどうするべきでしょうか。
まず蛇口を開くことは止めましょう。水量調節のために蛇口のハンドル内にあるゴム製のパッキンが破損し、水漏れの原因になってしまいます。
運良く水道水以外の水があった場合、これをお湯にして水道管にかければ氷も溶けるだろうと考えるのも止めましょう。直接高温のお湯をかけてしまうと水道管が破裂してしまうかもしれません。
もしお湯を使うのでしたら、ぬるま湯をタオル越しにゆっくりかけて溶かしていきます。
しかし、お湯が使えるのは水道水以外の水がある時です。水がない、または自分でやるのが無理だと感じたら業者に頼んだ方が安全に水道が使えるようになるでしょう。

0120-932-621
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
スタッフ紹介
他社との比較
  • 0120-923-426
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼