最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

水道・給水管の凍結

水道やが凍結する条件は「気温が-4℃以下になること」や「給水管が風通しの良い場所に露出していること」です。
12月から2月にかけて、多数発生する凍結事故。真冬日が続いているときの夜間や、旅行で家を空けて、水道を長時間使用しないでいるときには、特に注意が必要です。
水道が凍結してしまったときは無理に蛇口をひねったり、熱湯を凍結部分にかけることは、水道の破損の原因となりますので、しないようにしてください。凍結してしまった場合はドライヤーの温風や、カイロなどでゆっくりと温めてください。
万が一、蛇口が破損してしまった場合は、お気軽にご相談ください。

0120-932-621
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
スタッフ紹介
他社との比較
  • 0120-923-426
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼