最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

水の色で分かる水道管の寿命

私たちの手元に水を届けてくれる水道管ですが、目にあまり見えない上に意識をしないことなので分からないかもしれませんが、この水道管にもちゃんと寿命があります。使われている素材はステンレス製のものや銅製のものがありますが、多くが鉄製の管を使用しています。
鉄だけでなく、最近では塩化ビニールで表面をコーティングし、水が直接金属に触れないようにした管が使われているのです。
しかしこういった管は先ほども言いましたが、壁の中などを走っているので人の目には入りません。その寿命を知るにはどうしたら良いのか。設置した年数から考えるのも良いですが、実は水の色からでも寿命が分かります。
通常であれば透明な水が出てきますが、メッキしたものが劣化によって溶け出すと水の色が濁ってきます。そこからメッキの下にある金属の錆によって水が黄色になり、最終的には赤色の水が出てきてしまいます。更に進行してしまうと錆が管の中で固まってしまい、水が出にくくなったり漏水してしまいます。これによって水の量が減ることや断水するという報告もあるそうです。
分かりにくい水道管の寿命ですが、こうして目に見えた現象が発生した場合には良い水のためにもすぐに交換や修理を業者に依頼しましょう。
水道管に寿命は定められてはいませんが、おおよそ10年を越すと問題が起こると言われています。築10年以上の家は注意をした方が良いかもしれません。
 
水道修理・蛇口交換や水道水漏れについての詳しい解説は、こちらをチェック!

0120-932-621
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
スタッフ紹介
他社との比較
  • 0120-923-426
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼