最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

トイレタンクの2種類の水漏れ

トイレタンクには大量の水が溜まっており、それを一気に流すことで便器内部の排泄物やトイレットペーパーを流します。近年はタンクレスタイプのトイレも増えていますが、今でも多くのトイレにはタンクが付いています。そして、このトイレタンクはトイレの中でも水漏れの主な発生箇所となっています。
トイレタンクの水漏れは、大きく分けて二種類あります。一つは、トイレタンクと給水管・排水管の接続部分からの水漏れです。この原因は主にナットの緩みやパッキンの劣化によるものです。そのためナットを締め直したり、パッキンを交換することで解決するケースも多いです。
そしてもう一つは、トイレタンク内が原因の水漏れです。トイレタンク内には幾つものパーツが組み合わされているのですが、それらが不具合を起こしますと水漏れを引き起こすことになります。オーバーフロー管より水位が高くなったり、ゴムフロートが機能しなくなりますと、常にチョロチョロと水を流し続けることになってしまいます。こうなりますと水道代が高くなってしまいますし、水を流す力も弱くなってしまいます。トイレつまりまで引き起こす事もありますので、すぐに修理しなければいけません。
簡単な作業なら素人の方でも十分に可能ですが、難しそうに感じましたら無理せず水のプロにおまかせください。

0120-932-621
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
スタッフ紹介
他社との比較
  • 0120-923-426
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼