最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

止水栓の水漏れ修理

止水栓とは、その名の通り水の流れを止めたり、水量を調節したりするための栓の事を言います。一般的にはトイレの脇や洗面台の下などに設置されています。止水栓は、その役割から主に水道修理の際に閉めて、水の流れを止めるために利用します。しかし、この止水栓から水漏れなどが発生している場合もあります。そのような時はどうすれば良いのでしょうか。
まず、止水栓の水道修理については、素人では修理できない場合が多いです。逆に事態を悪化させてしまう事も珍しくないため、無理だと感じましたら手を出さないようにしてください。それでも、何らかの手を打ちたいという方は、水道修理のプロが駆けつけるまでに水を止めておくようにしましょう。水を止めるためには、マイナスドライバーを用意します。時計回りに回せば水を止めることができますが、さび付いた止水栓は回りにくくなっていることがあります。回らない、もしくは回っても水が止まらないという場合は、水の元栓を閉めてしまいましょう。家全体の水を止めることができます。
止水栓からの水漏れの原因は、主に内部パッキンの劣化によるものです。止水栓は常に水が流れていますので、それだけ劣化しやすくなっているのです。パッキン交換だけで水漏れ修理が完了する事もありますが、それでも駄目な場合は止水栓全体の交換も検討することになります。どちらにしても、素人ができるのは止水栓の水を止めるまででしょう。その後の作業は、水道修理のプロにお任せください。

0120-932-621
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
スタッフ紹介
他社との比較
  • 0120-923-426
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼