最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

万が一の水漏れのときのために「止水栓」の場所を知っておきましょう

水漏れを止める最終手段

蛇口やシャワーから水が出たまま止まらないと言うとき、蛇口をそれ以上閉めたところで効果はありません。なぜなら、その蛇口の中に内蔵されたパッキンなどが劣化している以上、強く締めても隙間が空いているような状態だからです。まして、本来締めるべき位置よりも締め込んだら、ネジなどがいたんでしまい、結局蛇口をすべてまとめて交換しなければいけなくなるという危険も考えられます。
そこで、万が一水漏れが始まってしまい、すぐにでも止めたいと言うときには【止水栓】の位置を覚えておいて、それで水を止めるようにするのがおすすめです。

止水栓とは
止水栓とは、水道の蛇口以外の場所に取り付けられている弁のことで、水道工事などの際、室内全体の水を止めなくても工事できるように、もしくは水道トラブル時のストッパーとして備えられています。これを止めれば、止水栓から蛇口の先端までは水が流れることがありません。
大抵の場合、止水栓は直接目につかない場所に取り付けられています。キッチンならシンクの下などです。

家全体の止水栓
万が一、ここの蛇口の止水栓の場所がわからなければ、家全体の水を止めてしまうのも効果的です。こちらは水道メーターのすぐ近くに設置されているので、分かりやすいでしょう。

0120-932-621
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
スタッフ紹介
他社との比較
  • 0120-923-426
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼