最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

トイレの節水対策が裏目に出ることがあります

トイレの水は、普段見ているとどのくらい流れるかは意外とわからないものですが、水道機器のメーカーが算出した所、だ大で6リットル、小で5リットル程度の水を1回あたりの使用で流しているそうです。
意外と多いと見るか、少ないと見るかは人それぞれですが、これだけの量を毎日使っていると、年間に直すとものすごい数になるのは、目に見えています。
その為、水道代削減では特にトイレが注目されがちですが、これが思わぬ落とし穴になることがあります。
トイレの節水方法で昔から行われているのは、トイレタンクの中にレンガやコンクリートブロック、水を入れたペットボトルなどを沈めて、タンク内に入る水の量そのものを少なくして節水する方法です。
この方法、実は水を節約するどころか、水が止まらなくなってしまう危険があります。
トイレのタンク内には、水位調整のためのフロートや、タンクの底についている排水弁がありますが、ペットボトルなどを入れると、それらが引っかかってしまう事があります。こうなると、常にタンク内に水が流れ込み続けたり、排水弁から流れ続け、水の使用量が跳ね上がってしまうことが考えられます。
もし水が止まらなくなった時はそれらを取り除き、それでも止まらなければ、トイレの水の元栓を閉めて、当サイトにご相談ください。

0120-932-621
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
スタッフ紹介
他社との比較
  • 0120-923-426
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼