最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

トイレの異臭トラブル

トイレの中にいつも溜まっている水。みなさんはあの水の名前をご存知ですか?便器内に溜められているあの水は「封水」と呼ばれ、排水管からの下水臭や、害虫などが逆流してくるのを防いでくれています。この封水が少なくなっていたり、なくなってしまうと、トイレに異臭トラブルが発生する危険があります。
封水がなくなってしまう原因は以下が挙げられます。

・毛細管現象
水流が弱く便器のトラップ内にトイレットペーパーが残ってしまった場合など、トイレットペーパーの細かい繊維が徐々に水分を吸収する現象です。封水はペーパーに吸収されてなくなってしまいます。

・自己サイホン作用
勢い良く水を排水した際に、排水管側に封水が引き寄せられる現象です。これにより封水切れが起こります。

・吸込み作用、跳ね出し作用
大型マンションなどで上階の住人が大量の水を排出した際に、排水管の中に負圧が発生し、排水管を通じて他のトイレの封水を吸込んでまう作用です。逆に正圧がかかると、他のトイレの水が押し出され跳ねだしてしまうことになります。

・蒸発
長期間使われないまま放置したことにより、封水が蒸発してなくなってしまいます。

便器や排水管に異常がなければ、再度水を流せば封水は溜まります。しかし、頻繁に封水が少なくなったり、なくなってしまう場合は異臭トラブルが発生する恐れがありますので、業者に調査を依頼することをおすすめします。
 
トイレトラブル・トイレ水漏れやトイレ詰まりについての詳しい解説は、こちらをチェック!

0120-932-621
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
スタッフ紹介
他社との比較
  • 0120-923-426
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼