最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

トイレの水漏れが起きたときは?

トイレトラブルの多くが、水道にまつわるトラブルです。特にトイレの水漏れなど、水の流れがおかしいことが、トイレトラブルの原因となっている場合が多くあります。トイレの水漏れが起きた時に確認するポイントについてご紹介します。水漏れの場合、どの箇所から水漏れが起きているかを確認してください。具体的には、便座とタンク、そしてタンクに繋がる管の3つが挙げられるでしょう。便座やタンクの場合はトイレ自体にトラブルの要因がある可能性が高くなります。そして、管の場合は水道自体に原因がある可能性が高いです。まずはトイレの止水栓を止めて、水漏れが止まるかどうかを調べましょう。止まった場合はトイレ自体に、止まらない場合は水道自体が原因の可能性が強くなります。止水栓を止めても水漏れが止まらない場合は、水道自体の止水をする必要があります。道路から住居に伸びる配水を止める必要があるのです。そのため、玄関近くにある、止水栓をしめましょう。止水栓の場所の目安として、多くの場合、水道メーターの近くに取り付けてあります。止水栓の場所が分からない方は水道メーターの場所を参考に探してみてください。水漏れ箇所の目安がつき、止水を済ませたら、水道業者に相談しましょう。当サイトは水のトラブルの相談窓口です。トイレトラブルにお困りの方は当サイトにぜひご相談ください。

0120-932-621
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
スタッフ紹介
他社との比較
  • 0120-923-426
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼