最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

トイレが詰まった時にやってはいけないこと

ほとんどの人が毎日使い、利用する時間を選ばないトイレですが、もし使えなくなってしまったどうすればいいのでしょうか。トイレが詰まってしまえば、自分はもちろん、他の人も使えません。気づいた人が何とかしておかなければ、仮に同居している人がいる場合、気づかずに使用し、大変なことになってしまうかもしれません。まずは、ラバーカップを使用してみましょう。人によってはグッポンとかスッポンとか言ったりしますが、棒に覆うようなゴムがついているあれです。ラバーカップを何度か試してみて、だめなら手段を変えてみましょう。落とした異物が小さく、完全に詰まっていない場合は、バケツにお湯を入れ、流しいれてみるのもいいかもしれないですが、トイレの水があふれないように注意してください。これでもだめなら、チョットした機材に頼りましょう。値段によって性能が大きく変わりますが、基本的にやってることは、ラバーカップと変わりません。しかし、ラバーカップより効果が大きい物もあります。これでもだめならあきらめて業者を呼んだ方がいいのかもしれません。また、深夜などであれば、道具を買いに行くことも難しいでしょう。まだあきらめたくないと思う方もいるかもしれませんが、トイレのつまりを直すときには注意が必要です。大きな異物をトイレに落としてしまった場合や、無理やり流し続けてしまい、異物が奥の方で詰まった場合、便器を外さなければならないことがあります。そうなってしまうと自分で行うのは困難ですし、修理を依頼するにしてもそれなりの値段になってしまいます。トイレのつまりで困ったら、状況に合わせて早めに業者に依頼するのがよいでしょう。

 
トイレトラブル・トイレ水漏れやトイレ詰まりについての詳しい解説は、こちらをチェック

0120-932-621
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
スタッフ紹介
他社との比較
  • 0120-923-426
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼