最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

チョット待った!勝手につなぐのは危険かも!水回り機器の追加について

生活を豊かにする水回り機器、どんなものを思い浮かべますか?
家事を楽にする食器洗い乾燥機、普段のお水を美味しいお水に変えることができる浄水器、トイレで使う温水洗浄便座などがありますよね。蛇口交換をしてシャワーヘッド付きの物にすることもあるでしょう。
こうしたものを取りつける際には新しい配管を元々の水道配管につなぐことが必要なのですが、ちょっと待って、その作業、勝手にやって大丈夫でしょうか。実はこうした機器を取り付ける時にはいくつか気をつけておかないといけないことがあります。
実は水道には、常時圧力のかかった水が入っている状態です。だからこそ、蛇口をひねるだけでいつも水が出てきているのですが、逆に考えれば、どこかの水道管を外そうものなら、水が出っぱなしになるということでもあります。
後から増設するタイプの水回り機器の場合、元あった水道管の一部を、分岐させる便がついたものに置き換えるなどして設置されることが多いのですが、水道管の仕組みを無視して取り外すと、辺り一面水浸しの大惨事になってしまいます。
水道設備の追加時は、最初に水道の元栓を閉めて、水を止めてから行わなくては行けないのですが、意外と忘れがちなことです。
また、水道の元栓にも2種類あり、水道メータの近くにある住宅全体の元栓と、蛇口ごとの元栓があり、もし蛇口ごとの元栓を閉めていたとしても、元栓より前を取り外すと水が出てしまいますから、元栓を締めるのを忘れないようにしましょう。

0120-932-621
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
スタッフ紹介
他社との比較
  • 0120-923-426
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼