最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

その臭いは排水口からかもしれません

「どこからか異臭がする。だけどその原因がわからない」そのような経験はないでしょうか。ひょっとしたら、その臭いは排水口から発生しているのかも知れません。排水口は下水と繋がっていますので、ここに問題があれば下水の臭いが逆流してくる恐れがあります。それでは、どうしてそのようなことが起きるのでしょうか。
排水口の奥には、排水トラップという箇所があります。形はS型やP型など様々ですが、排水トラップには「封水」という水が満たされています。この水が排水口の奥で溜まっており、それが蓋の役目となって下水からの臭いや、害虫などが上がってくるのを防いでいるのです。しかし、この封水に問題があった場合、その効果がなくなってしまいます。具体的には、以下のようなトラブルが考えられます。

【排水トラップの汚れ】
排水とラップは封水が溜まる構造になっていますが、同時に汚れも溜まりやすい構造になっています。そのため雑菌やカビが発生しやすく、それが悪臭の原因になってしまいます。排水口には、食べ残しや髪の毛などのゴミを流さないようにしましょう。

【封水切れ】
封水が無くなることで、下水から悪臭等が上ってくる事があります。原因は様々ですが、長期間水を流していない場合は封水が蒸発してしまいますし、一度に大量の水を流すと封水が引っ張られて流されてしまう事があります。

このようなトラブルが、下水の臭いを逆流させてしまうのです。他にも、排水ホースに穴が開いていたり、ホースとパイプの接続がずれている事も考えられます。悪臭一つとっても、その原因はいくつも考えられるのです。水道修理を怠っているといくつもの弊害が発生してしまいますので、異常を感じた際はすぐに業者に修理を依頼してください。

0120-932-621
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
スタッフ紹介
他社との比較
  • 0120-923-426
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼