最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

お湯の温度が調節できなくなったら…

最近の蛇口は、お湯とお水の両方が出る混合水栓が使われていることが多いようです。キッチンの蛇口に付いていると、油汚れの酷い洗い物などの時も、お湯で汚れを浮かせてから洗うことができるので重宝します。また、お風呂場などについているサーモスタット式の混合水栓は、出てくるお湯の温度をハンドルで調整することができるので、後は蛇口をひねればちょうどよい温度のお湯が出てくるという仕組みになっており、こちらも大変便利なものです。
しかし、こういった蛇口から、いつの間にかお湯しか出ない、もしくは水しか出ないとなった場合は、早目の修理が必要になりおます。万が一放置しておくと、突然熱湯が出てきてやけどしてしまうなんて事故も考えられるからです。
キッチンなどに多いレバー型の混合水栓の場合、ハンドルの中に温度調整用の部品があるのですが、これの破損が出てくるお湯の温度調整に影響をきたすことがあります。
サーモスタット式混合水栓の場合、温度調整が効かなくなって水しか出てこない、もしくはぬるま湯にしかならないという例が多いようです。温度調整用のバルブなどの故障が多いようです。
また、蛇口に問題がないのに水しか出ない、もしくは熱湯しか出ないという時は給湯器の不調によるものだと考えることも可能です。この場合は給湯器の修理、交換が必要になります。

0120-932-621
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
スタッフ紹介
他社との比較
  • 0120-923-426
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼