高知市対応業者のご紹介

AAAIグループ/なんでも屋
AAAIグループ/なんでも屋は高知で水のトラブルに対応している会社です。水のトラブルで多くなっているのが、日常生活の中で最も多く使われているであろう、トイレです。特に小さなお子様がいるお宅でのトイレの詰まりに関するトラブルです。小さなお子様は、トイレットペーパーホルダーからトイレットペーパーを取る行為が面白く感じるようで、くるくると大量に取って、トイレに流してしまうことがあります。トイレットペーパーは水に溶けやすくなっていますが、一度に大量に流そうとすると詰まってしまうことがあります。また、お子様がおもちゃなどをトイレに持ち込んで、それをトイレに落として、流してしまうとトイレが詰まってしまいます。トイレが詰まってしまったというときは、速やかに水のトラブルに対応する業者に相談しましょう。AAAIグループ/なんでも屋は水のトラブルに対処するために日々努力しています。
ごようあきんど住まいる工作所
ごようあきんど住まいる工作所は高知で水のトラブルに対処している会社です。皆さんが手や顔を洗うために毎日使っている洗面所ですが、洗面所で水のトラブルが起きることがあります。最近の洗面所にはシャワータイプの蛇口が取り付けられていることも多いですが、この蛇口から水やお湯が出なくなってしまうことがあります。このようなトラブルの原因としては、水を吐き出す吐水口にごみなどが詰まってしまっている場合がありますが、故障をしていて水やお湯が出なくなってしまうということも考えられます、他にも、洗面所では蛇口をしっかり閉めても水がポタポタと落ちてくるようなトラブルも起きています。洗面所のトラブルで困ったときは、水のトラブルに対応する業者に相談するようにしましょう。ごようあきんど住まいる工作所は、水のトラブルに対応するために日々精進しています。
ワンズマーク株式会社
ワンズマーク株式会社は高知で発生した水のトラブルを解決して活躍している会社です。水回りには排水管の存在が欠かせませんが、排水管のトラブルが起きると水漏れの原因となるので、注意が必要です。最近よく報告されているのが、老朽化した排水管のひび割れです。ひび割れが起きると水漏れが起きる恐れがあるので、早めに修理や交換をするようにしましょう。ホームセンターなどに行くと、交換用の排水管や修理に使う工具が売られているのでDIYとして自分で排水管の交換をしようと考える人もいるかもしれません。しかし、排水管の交換はしっかり行われていないと水漏れなどのトラブルを引き起こすこともあるので、排水管の修理や交換は水のトラブルに対応する業者に依頼するようにしましょう。ワンズマーク株式会社は水のトラブルが起きたときに皆さんを助けてくれる存在です。

意外と知らない?高知市の水洗トイレのある住宅数。身近に潜むトイレなど水回りのトラブルもご紹介

高知市は、四国の中南部に位置している中核市です。かつてこの地には土佐藩が置かれており、城下町として栄えてきたという歴史を持っています。高知市には高知県の県庁が置かれていて、市の総人口は約33万7000人にのぼっています。2005年頃をピークに人口の微減が続いていますが、高知県内の他の市町村に比べれば比較的緩やかです。高知県は、四国四県を構成する一県でありながら、他の三県とは異なった独特の風土や文化を有している県です。他の県へ行くには急峻な山々が連なる四国山地を越えていく必要があったため、昔から独立独歩の気風が育てられてきました。その結果、幕末には、日本の歴史を左右するほどの大きな力を持った土佐の「いっごそう」が数多く輩出されました。この高知市の下水道普及率は、平成26年度末時点で57.3%にとどまっています。高知県内では高い部類に入りますが全国平均を下回る水準です。しかし、いくら独自の文化を育んできた高知市とはいえ、下水道整備に関してまで我が道を行く路線を貫き通すわけにはいきません。そのため、近年では下水道整備事業が急ピッチで進められています。現在、水洗トイレがある市内の住宅数は12万4390軒になっていますが、下水道整備が進むにつれ、水洗トイレの使用人口も増加していくだろうと予想されています。最新型の水洗トイレは節水機能が付いているため、少ない水量で大小便を流すことができます。しかし、少し古い型のトイレの場合はそうではありません。大量の水を流すのはもったいないからという理由で大便を流す際にも水量レバーを小の方に回す人がたまにいますが、それが原因で排水管が詰まってしまうことがよくあります。また、長く使っているうちにジョイント部分のパッキンが劣化して水漏れが発生するようになるケースもしばしばあります。トイレの詰まりや水漏れが発生した場合は、水回りトラブルの修理業者を呼ぶようにするのが一番です。修理費用を惜しんで自分で何とかしようとした結果、余計に修理費用がかさんでしまうことになるケースが少なくありません。また、早く修理業者に来てもらうようにすることで、水漏れ被害を最小限に抑えることができるようになります。

  • 0120-923-426
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼