福島市対応業者のご紹介

ハイエストヒロ株式会社
福島市にあるハイエストヒロ株式会社は、住宅に関するトラブルを広く手掛けている会社であり、水回りのリフォームも対応しております。実績として築30年のタイル張りの浴室も現代のような保温効果の高い浴室に変えるだけでなく、浴槽の拡大や追い焚き機能も設置することが可能です。住宅では水に関するトラブルがつきものです。トラブルが起きてからは素早い作業を行わなければ、壊れてしまった水道が更に直しにくくなってしまうことが予想されます。ハイエストヒロ株式会社では市内を中心に幅広い事業展開をしてきたことから、多角的な視点での作業が可能であり、経験豊富なスタッフが素早い対応を行っていただけます。もしもの事態を防ぐためにも、ハイエストヒロ株式会社は多くのトラブル解消と最新の設備を備えることが出来ます。今後のためにもリフォームという形で最新の状態にしてみてはいかがしょうか。

意外と知らない?福島市の水洗トイレのある住宅数。身近に潜むトイレなど水回りのトラブルもご紹介

福島市は、山々に囲まれており、典型的な内陸性気候が特徴です。また、県内の内陸の中ではもっとも標高が低い土地ともいわれています。福島市は1年の中で寒暖差が激しく、夏は真夏日を記録する日が多くあります。また、冬になると氷点下を下回る日が続き、雪が降り積もる日が多くあります。そこで気を付けたいのが水まわりのトラブルです。福島市のように雪が降り積もり、氷点下の日が続く場合には、配水管の凍結に注意が必要です。まずは予防のためにも水抜きをしておくと安心です。万が一配水管が凍ってしまったときや破裂してしまった場合には、無理に対処しようとせずに、水道修理の業者にすみやかに連絡すると良いでしょう。他に、水漏れやトイレのつまりなども注意したい水漏れトラブルのひとつです。福島市のおよそ10万軒もの住宅に水洗トイレが設置されています。総人口がおよそ30万人ですから、かなり多くの家庭に水洗トイレが設置されているという計算になります。とても便利なこのトイレですが、使い方を間違えてしまうと思わぬ故障につながりかねません。例えば、トイレットペーパーによく似たティッシュペーパーですが、これは一部のものを除いては、水に溶けないのです。ですから、トイレットペーパーがないからといって、ティッシュペーパーを使用して流すことはトイレのつまりの原因となってしまいます。また、パイプのつなぎ目の部分は、部品のゆるみや劣化により水漏れが発生することがあります。これはトイレだけでなくシンクやお風呂場の蛇口にも同じことがいえます。少しくらい大丈夫と放っておくと水が止まらなくなってしまったり、蛇口周辺の壁やタイル・床などにも影響がでてしまいますので、早めに修理・交換を依頼するようにしましょう。こうした水まわりトラブルは対処が遅れれば遅れるほど、修理費用がかさんだり修理に時間がかかるものです。万が一のときに備えて、日ごろから信頼のできる業者に点検と適切な修理を行ってもらうことがお勧めです。

  • 0120-923-426
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼