当サイト相談スタッフから

水道管のパイプについてのお問い合わせも頂いております

現在では減少傾向にありますが、水道管のパイプについてのお問い合わせも常時受け付けております。かつて水道管のパイプの劣化が原因となった水質の悪化がよくみられました。水道の蛇口をひねると、赤っぽい、錆びついたような水がでてきたという経験はないでしょうか。現在ではお問い合わせの数も減ってきておりますが、やはり昔ながらの住宅にお住まいの場合、こういったトラブルはまだまだ多くみられるようです。実はこういった赤水の発生は、水道管のパイプ内が錆びてしまうことによっておきています。外からみて特に異常がなくても、配管内をみてみると、内部にびっしりと錆がたまっていることもあるのです。特にパイプとパイプの継手部分に発生していることが多くみられます。
今では配管素材の変化によってこういった錆はつかなくなってきていますが、水道管のパイプは頻繁に交換するものではありませんから、古いままということもよくあるのです。こういったように水道管のパイプ内が劣化していると、水そのものの質が悪くなり、健康にも悪影響をもたらしかねません。水は人間が生きていくうえで決して欠かすことができないものです。ぜひ水道管のパイプに異常を感じたら、早めにご相談ください。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!

  • 0120-923-426
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼