当サイト相談スタッフから

トイレのレバーの修理も一度ご相談ください

 「レバーを動かしても水が流れないのですが」「レバーを動かしても水が出ないときがある」「レバーがクラクラして取れそうなのですが」「レバーを動かしていないのに水が流れる」など、毎日多くのご相談や修理のご依頼を頂いております。トイレの水が流れる仕組みは、よく観察すると意外と簡単な仕組みで出来ています。仕組みが簡単にできているため、このトイレのレバーの修理は素人の方でも簡単に直せる場合があります。このレバーはタンク内で鎖などに繋がっていて、この鎖が切れていたりすると水は流れません。
 また、タンク内にはゴムフロートやボールタップ、浮き袋などと呼ばれる部品が使われており、このような部品の不具合によってレバーを動かしても水が流れないということもあります。トイレのレバーの修理を自分で行う際には、しっかりと構造を理解することで比較的簡単に修理することができます。しかし、部品の破損や劣化によって交換が必要な場合もあります。自分で修理が不可能な場合にはお気軽にご連絡ください。トイレのレバーの修理は、部品を取り寄せる必要がある場合には時間がかかりますが、部品の破損などがなければ比較的早く直せる修理です。ご連絡いただければ現地の水トラブルのプロがご対応いたします。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!

  • 0120-923-426
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼