当サイト相談スタッフから

蛇口の水漏れについてのご相談も多く頂いております

 蛇口をしっかり締めたつもりでもポタポタと水漏れがしてはいないでしょうか。蛇口の水漏れと一口に言ってもその症状により修理の仕方も異なります。まず、蛇口の先から漏れている場合は、蛇口の中にあるコマパッキンの摩耗が原因です。すみやかにパッキンを交換するか、さもなくばコマごと取り替えます。また、パイプの付け根から漏れている場合は、水栓とパイプをつなぐナットがゆるんでいることが考えられます。そうでなければその部分に使われているパッキン(Uパッキン)を取り替える必要があります。水栓の付け根から漏れている場合は、水栓をねじ込んでいる部分の根元のパッキンおよびシールテープを新しいものに取り替えます。ほかにも、蛇口のハンドル部分の下からジワジワと漏れてくる場合は、ハンドル内部のナット下部にある三角パッキンとパッキン受けを新しいものに交換しなければなりません。
 蛇口の種類によっても対応の仕方が異なります。一般的なハンドル一つ、蛇口一つのものだけでなく、2ハンドル混合水栓、シングルレバー水栓、サーモスタット混合水栓などがあります。これらの特殊な蛇口の水漏れについては部品の交換による修理より、買い替えをする方がかえってお得な場合もあります。このように、蛇口の水漏れもケースバイケースの対応が不可欠になります。トラブルが起きたら、迷わず経験豊富な水トラブルのプロに任せてしまうのが賢明かもしれません。
 
水道修理・蛇口交換や水道水漏れについての詳しい解説は、こちらをチェック!

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!

  • 0120-923-426
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼